ココロも満タンに ノイズキャンセリング ヘッドホン

TOP > 【ポイント2倍】 ワイヤレス ヘッドホン SONY ソニー MDR-XB950N1 G グリーン Bluetooth ブルートゥース 重低音 ノイズキャンセリング 密閉型 ヘッドフォン 【送料無料】 【1年保証】

【ポイント2倍】 ワイヤレス ヘッドホン SONY ソニー MDR-XB950N1 G グリーン Bluetooth ブルートゥース 重低音 ノイズキャンセリング 密閉型 ヘッドフォン 【送料無料】 【1年保証】

低音域を際立たせる「エレクトロ・ベース・ブースター」搭載 ノイズキャンセリング機能と Bluetooth による ワイヤレスリスニングで快適な音楽を 低音域を際立たせる「エレクトロ・ベース・ブースター」搭載 高出力内蔵アンプとデジタル信号処理で重低音を増幅させ、まるでク ラブにいるかのようなグルーブ感を体感できる「エレクトロ・ベース・ブ ースター」※2 を搭載しました。

また、ハウジング上に設けたダクトにより 低音再生時の通気抵抗をコントロールし、振動板の低域の動作を最 適化して重低音のリズムを正確に再現する「ベース・ブースター」も搭 載しており、圧倒的な量感の重低音を実現します。

デジタルノイズキャンセリング機能対応 キャンセル量をコントロールするフィルター回路をデジタル化してソフトウェアで制御し、フィルター特性の切り替えを可能にしました。

ヘッドホンが常に周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適したモードを自動で選択。

騒音の変化に対応して自動でモードを変更してくれるので、常に最適な環境でクリアなリスニングを楽しめます。

Bluetooth搭載。

ワイヤレスで音楽を快適に楽しめる ワイヤレスなら、ケーブルの煩わしさから開放されて、スマートフォンやウォークマンの音楽をさらに快適に楽しめます。

マルチペアリング・マルチポイントに対応 8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応。

よく使う機器と一度ペアリングしておけば、2回目以降のBluetooth接続が簡単になります。

また、音楽再生機器(A2DPプロファイル)と通話機器(HFPまたはHSPプロファイル)、それぞれ1台ずつに同時接続できるマルチポイントにも対応。

例えばウォークマンで音楽を聴いている最中に、スマートフォンにかかってきた電話を着信してそのままハンズフリー通話をすることも可能。

スマートフォンとウォークマンの2台持ちに便利です。

専用アプリ「Sony|Headphones Connect」(*1)に対応 新開発のスマートフォン専用アプリ「Sony|Headphones Connect」(*1)に対応しました。

アプリ上ではエレクトロ・ベース・ブースターの量感の調節や、サラウンドエフェクト(VPT)の設定変更、ノイズキャンセリング機能のON、OFFを操作することが可能です。

お好きな音楽をその日の気分や使用シーンに合わせて自由に調整し、お好みのテイストで楽しめます。

」マルチポイント接続(*2)にも対応していますので例えばウォークマンを聴きながらスマートフォンでアプリの使用が可能です。

スペック □電源:DC3.65V : 内蔵充電式リチウムイオン電池 □充電時間:約7時間 □充電方法:USB充電 □電池持続時間(連続音声再生時間):約22時間 (BT:ON / NC:ON / BASS EFFECT:OFF) □電池持続時間(連続通話時間):約20時間 (BT:ON / NC:ON / BASS EFFECT:OFF) □電池持続時間(待受時間):約40時間 (BT:ON / NC:OFF) □周波数特性:20Hz-20,000Hz (有線接続、POWER ON時) □対応インピーダンス:47Ω (有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、35Ω(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて) □最大入力:100mW(有線接続時) □音声入力端子:ステレオミニジャック Bluetooth □通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.1 □出力:Bluetooth標準規格 Power Class2 □最大通信距離:最大約10m □使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz) □変調方式:FHSS □対応Bluetoothプロファイル *1:A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile), AVRCP(Audio Video Remote Control Profile), HFP(Hands-free Profile), HSP(Headset Profile) □対応コーデック*2:aptX,AAC,SBC □対応コンテンツ保護:SCMS-T □伝送帯域(A2DP):20Hz - 20,000Hz(サンプリング周波数 44.1kHz時) 装着してまず感じること。

それは軽くフィットしてくれる押しつけのなさ。

イヤーパッドから感じる着け心地の良さは、長時間のリスニングでも疲れを感じさせません。

一聴して、抜けの良さと低音の張り出しが素晴らしいことに気が付きました。

40mmという大きな口径のドライバーを内蔵していることもあり、低音を鳴らしつつも、飽和して高域が埋もれる心配はありません。

最新Walkman®など、SONYの対応機器とのBluetooth接続はヘッドホンに近づけるだけで完了。

もちろん操作もヘッドホン本体で行えます。

騒音や、環境ノイズが多い外での使用もバッチリ。

ソニー独自の「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」によって、自動で最適なノイズキャンセリング設定を行ってくれます。

小さく折りたたむことが出来、持ち運ぶ事にも特化してると言えます。

ぜひ、e☆

イヤホンでお試しを!【レビュー日:2017/03/05】 今回ご紹介するのはNC機能付きのワイヤレスヘッドホンMDR-XB950N1です。

これまでのソニーさんのヘッドホンに比べて少しずんぐりというか、イヤパッド部分が厚めですが、折りたたんで収納することが出来るので持ち運びに最適ですね。

アウトドアを考えているためかアーム部分は頑丈で連続再生時間も20時間以上とタフ。

有線で聴いてみた印象はボーカルが一歩退いて音楽の全体を見せるような広いサウンドステージ。

割とすっきりとした低音で沈み込みすぎず耳に優しい感じです。

無線で接続した印象は少し高音のレスポンスが向上して、人によっては刺さるかも?という絶妙なポイントまで軽やかに撥ねてくれるので明るく元気にノリよく音楽を聴きたい方にオススメです。

【レビュー日:2017/03/04】 2000年代の重低音ブームから続いてきたこの『EXTRA BASS』ブランド。

どちらかというとエントリーモデル的な位置付けでした。

しかし本機種は、かつてのそのクオリティを上回る完成度で登場してくれました。

まず第一に、非常に高いホールド感が特徴的です。

ソニーヘッドホンは総じて装着感の良さに定評がありますが、以前のXBシリーズはやや軽めというか、悪い言い方をすると少し安っぽい装着感でした。

本機種はアラウンドイヤーサイズのイヤーパッドでちゃんと耳を覆ってくれるばかりか、強めの側圧でガッチリとホールドしてくれます。

側圧の強さに関しては好き嫌いが分かれるかもしれませんが、ことワイヤレスヘッドホンにおける装着の安定性はどちらかというとメリットになりえるかと思います。

次に音質、これも明らかに向上しています。

特に秀逸なのが低音の増強をON/OFF出来る『BASS BOOST』の機能で、気分によって低音の大小を選べるだけでなく、低音が苦手な人でも使える選択肢となっています。

ノイズキャンセリングもこの価格のヘッドホンとは思えないほどしっかりしており、ソニーさんが培ってきたNC技術の応用力が見られる出来栄えです。

総じて、かつての『初心者向け』な印象であった重低音ヘッドホンのイメージからは明らかな進歩を覚え、同シリーズのフラッグシップ機として確かな実力を持った一台だと感じました。

【レビュー日:2017/03/06】

楽天で購入20,460円(税込み)